管理人オススメのサイト
韓流女子会
韓国放送局MBC 韓国ファッション 韓国ファッション 韓国化粧品


K-POPとは...
 
STORY 〜宇多田ヒカルが沢山いるk-pop〜



〜宇多田ヒカルが沢山いるk-pop〜


↑私が先入観を持った、k-popをまったく知らない方へ
説明するときのもっとも伝わりやすい表現です。
最後まで読んでくださればご理解してもらえると思います。


 私は、洋楽のロック、ビートルズなどのオールドロックからスタートし、その後中古レコード店に勤務した影響で、ロックの固定枠から外れJAZZ、SOUL、ブラジル、サバービア、クラシックなど様々な音楽を聴くことになりましたが、やはり邦楽だけは思い入れが特にあり、バンドブーム86年以降は、音楽番組をほとんど録画して保存するほどの自称J-POP研究家になっていました。


 しかし99年ふと会社の慰安旅行で韓国に行き、その際は先入観からまったくCDを見ず、帰国したのですが同僚が買って帰ってきたアイドル雑誌を見て、その日本と変わらない美貌のアイドルの存在を知り、ビビビ!と来たわけです。その女性アイドル4人組の名前は『ピンクル』といい、右の写真の女性イヒョリが在籍していました。好奇心旺盛な私はとりあえず、韓国音楽がどのようなものか確かめたくて、さっそくCDを入手しました。


 そしてピンクルのアルバムを聴いた瞬間、はっきりとJ−POPの真似ごとをしていないことを悟り愕然としました。日本にはない、腰から来る様な独特なリズム感があったのです。『でも、どうして日本の音楽の要素が入っていないのかなあ』と疑問に思い、私のK−POP探求が始まったのです。





 台湾やタイなどは、確かに日本至上主義のような音楽をしている国が存在します。憧れやオシャレな要素が日本っぽくすることで表現できるからなのでしょう。しかし、韓国に関しては、軍事政府から解放された80年代中期以降の民主化政策のなかで『自国の民族性を保守するため』の、あえて日本の文化を封鎖した“文化の鎖国”のようなものが国家レベルで徹底され、それはワールドカップ共同開催2002頃まであったようです。


 韓国と日本 どちらも愛国心を持つ人が多いですが、韓国の人たちは特に自分たちが一番優れた民族であるという教育で育ったきており、(いえばアメリカに似ていますね)他国の文化を吸収するより自国の文化を格段に発展させる方向へ、進んだのです。


 私は現在の邦楽は、基本ロック主体で発展してきたと考えています。GSと歌謡曲が混在した60年代後期、はっぴいえんどという、日本語にロックをのせた革新的かつ偉大なバンドが生まれた70年代初期、そこから細野さん大瀧さん、松本隆さん、鈴木茂さんという偉大な音楽家が同年代の優れたミュージシャンとタッグを組みアイドルのサポート面でも活躍した70年代末から80年代中期。現代においても、優れたアイドルには優れたバックバンドが存在しますね。


 韓国は、日本とやや違い、HRブームが80年代半ばであったまでは一緒ですが、1992年革命的なソテジ・ワ・アイドゥルという初めてRAPをPOPSに取り入れたミュージシャンの出現で(はっぴいえんどの時と同様に)以後はダンス主体のグループが圧倒的な支持を得ます。以後もソテジ・ワ・アイドゥルのメンバー、ヤンヒョンソクのYGファミリーという事務所がR&B色をダイレクトで表現しています。韓国音楽界にとって『踊り』は日本人が考えてい以上に『歌』に不可欠でそれは私は下のように、自論があります。





●琉球民族に近い、踊りや芸術に中心をおいた民族


 あの扇子を沢山の人たちが舞って踊る朝鮮民族を見ても分りますし、何かあればみんなで踊るようなそういった民族的な特徴が、現代のk-pop界でも洋楽や邦楽にない独自性を生んでいます。


 日本の場合 一人メインで歌う アイドルがいれば 周りのダンサーは後ろではほとんど同一の動きをします。欧米にならったダンスだと思いますがこれが日本的にしようといっても、歌舞伎など伝統的要素を取り入れるのは、少々無理があるようです。


 韓国の場合 一人が真ん中に立つと それをひとつの中心とみなしダンスは左右の踊りによって全体の絵を見るように広がっていきます。これをきっちり発見して公言したのは私が最初ではないでしょうか?民族舞踊に共通点があります。


 そして韓国の歌手の場合、すこしk−popに詳しくなった人なら分かると思いますが、TVで活躍している欧米の白人アイドルより踊りが上手いです。どうやら黒人に近いリズム感も持ち合わせているようです。


●世界で英語と同じく 子音で終わる リズムがかみ合う言語


 先ほど、黒人の話をしましたが90年代、黒人のRAPの台頭がアメリカのミュージックシーンでは不可欠になりました。これはクロスオーバーといえると思います。先祖がアフリカにいたアメリカ人の黒人が英語という白人の言葉を身につけ、それが最強にリズミカルである自己表現をみつけたのです。韓国も、英語以外では珍しく子音で終わる、ハングルという言語でこれがRAPとの相性が、びっくりするくらい良いのです。日本の比にもなりません。


●研究熱心な上 吸収力が早い


  2006年、野球のワールドベースボールクラシックがアメリカで開催され、日本がめでたく優勝しましたが、1次予選で韓国に勝敗数では負けている状況の時、解説者の方がこういいました。「韓国ね、88年ソウルオリンピックぐらいまでは、比べものにならないくらい弱かったんですよ。でもね国家レベルで強化するシステムをとり、98年くらいから目を見張るような、強い選手が現れてきました」これを聴いたとき、私は『音楽と一緒だ』と思いました。色々さかのぼってk-popを聴きましたが、日本の音楽と肩を並べられるんじゃないかなと推定できた年は98年でした。


●在米朝鮮人の帰国ラッシュ


 先ほど述べたとおり、文化的な鎖国状態をとっていた韓国政府は、第二次世界大戦・朝鮮戦争により大量にアメリカに移民した韓国人の入国も制限していましたが、それが90年代に入り緩和されだして、アメリカで育った在米2世の若者がアイドルチームのメンバーに起用され、ここで私が最初に明言した、『宇多田ヒカルが沢山いるk-pop』の原型ができました。私もアメリカに何度か仕事で行ったことがありますが、日本人のコミュニティより朝鮮民族の人口の方がはるかに巨大であることは、調べればすぐに分かります。で、中国系やヒスパニック系、イタリア系などと同様に彼らは、永住する覚悟でアメリカに向かったのです。日本は過去、ブラジルやアメリカは戦前、北朝鮮などに移民として一定数大量に外国へ人口が流れたときがありましたが、戦後はあまりないと思います。韓国民族の移民数は、日本のそれにかなり上回っており、アメリカの朝鮮民族は日曜日に教会でゴスペルを歌ったり合唱団に入ったり、黒人と同じような幼少期を送り大人になりスカウトされて韓国へ帰国します。それは有能なプロデューサーでも同じことがいえます。


●筒美京平 阿久怒 大滝詠一 松本隆 中村八大 永六輔 級の音楽家が 今の韓国音楽界を支えている


 日本の歌番組が一番 多かった時は80年代初期ですね。そこでは、たくさんのアイドルやミュージシャンが新人でさえ大物に向かい合いエキサイティングでした。現在は男性アイドルはジャニーズに独占され、新しい男性アイドルが生み出せない状況で競争相手もないまま、出せば売れるの独占禁止法状態です。オリジナルソングを作るミュージシャンはいいのですが、こうなってくるとやはり音楽的は発展しないのが今の音楽界だと思っています。韓国はずばり、音楽は最先端ですが状況は、日本の80年代初期に状況が似ています。すべてのミュージシャンが歌番組のTVに出演しますし拒否する人は皆無です(おととし辺りから年末歌謡祭が出演拒否者が出始めていますが)。個人主義ではない、国民全員でひとつのものを作り上げていた日本の昔を見るようです。


 そして、優れた大音楽家が、多数存在します。これは大学できちんと作曲を専攻し勉強をされた人が多いのも特徴です。


ユ・ヨンジンというBoAも所属しているSMエンターテイメント所属の作詞作曲家である天才の出現により、k-pop界は97年以降魔法がかけられたように素晴らしい曲展開とメロディの名曲がハイペースで沢山生まれています。


他に偉大な音楽家は、パク・クンテ、キム・ヒョンソク、パク・チニョン(JYP)などがいます。





●最後に兄弟である 日本と韓国


 私は、日本人でありますが、祖先はどうだかわかりません。人種とは差別や純潔を訴えるのは簡単ですが、絵の具のバケツに何種類か違う色の絵の具を垂らしたときに勝手に染まっていくのと同じで、身勝手な劣等感や優越感で過去の私たちの祖先は、外国の人種と交配してきたと思います。


 現在は、欧米人がカッコイイといって結婚する女性が沢山いますし、大和時代では中国大陸から渡ってくる技術を持った渡来人に似たような感情で接してきたんじゃないでしょうか。漢字を使っているということで中国から派生したアジア民族の兄弟であり一番感情が似ている民族でもあるのが日本と韓国だと私は思っています。


 韓国の人たちが胸を打つような詞の表現をする時、それは戦後簡潔になってしまった漢字では感じ取れない日本人がはるか古代の感情に思いを共有するのではないかと思います。明治大正時代の小説はかなりまだ、表現も豊富にありましたが。そして似たもの同士の兄弟はよく喧嘩をします。でも答えはどこまでいっても平行線のままで、どちらが勝っているとか優越をつけても、答えは『兄弟』である真実のみ残るでしょう。


 よく、日本人がハングルの言い方を馬鹿にして変なイントネーションだといって真似している人がいますが、私が昔イギリスに3ヶ月ほどいてまったく日本語に触れない機会がありまして、帰りの飛行機の中のTVで早口でしゃべっている日本人のアナウンサーから発せられる日本語に似たような不快感を、感じました。脳がそう感じ取ったのでしょう。ですから欧米人からすればかなり発音も一緒に近く聞こえていると思います。

 これから中国大陸の文化発展とともにもっと日本はアジアでの今までのポジションが上位から変わってくるでしょう。今こそ、西洋にばかり目を向けるよりは、アジアらしい美徳意識や失いかけた戦前の日本らしい文化(言語表現)を探すという意味では、k-popは驚くほどのヒントを与えてくれます。



k-popの歴史 続きはコチラ
 ●K-POP ガールズが生まれた日











【秀麗韓(スリョハン)】





HappyTouch



韓国コスメ





(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999-2014
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル