イェジ(YEG)

 99年の10月にデビューした女子高生歌手YEG(イェジ)の1集『Debut』。ベイビーヴォックスタイプの'Two Of Us'や初期ピンクルタイプの'恋人ができたよ!'など粒揃いの楽曲がならぶ隠れた名盤だ。アルバム企画会社であるムーンストーンにスカウトされ、音楽性と歌唱力、ともに備えながら描いていた歌手の夢をつかんだ彼女。鼻にかかったようなウマ下手な歌い方だが、意外とこのタイプの歌手は少ない。 '恋人ができたよ!'で地上波のTV番組に登場したのが12

月も暮れの特番オープニングであった。すこしクリスマスソングに通じるようなベルのような効果音と高揚感のあるメロディが印象的で、一人で頑張ってガールズグループのような楽曲をやっている感じがして好感が持てた。高校3年生の19歳でデビューした『イェジ』、なんとすぐに香港のCSTVから出演オファーが来たというから、新人にしてはワールドワイドな展望が見えそうでなかなか幸先が良い。それに合わせて香港デビューの準備をしながら後続は⑥の'前世'にすると芸能ニュースに報道

したのだが、結局、実らず、年明けた00年春先まで'Two Of Us'を後続曲としてTVパフォーマンスをこなした。その後は、彼女の音沙汰がないので残念だ。なぜか彼女を見るとマクロスの主題歌を歌った飯島真理を思い出す...                                                                                                            


ハングル表記 

예지

活動時期 

1999~2000

作品 

1集『Debut』 (1999/12)
OST盤『RNA』(2000/8)


代表曲    

‘恋人ができたよ’
애인이 생겼어요 (1999)、
‘Two Of Us ’ (2000)


ジャンル 

メロディポップ


メンバー 

イェジ 예지 



 

(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル