少女時代 TTS(ティティソ)

소녀시대-태티서

  
PROFILE



テヨン 태연 1989.3.9 Tae Yeon
ティファニー 티파니 1989.8.1 Tiffany
ソヒョン 서현 1991.6.28 Seo Hyun

 2007年にデビューしてから、常にトップをひた走っている少女時代から、ようやく送り出されたテヨン、ティファニー、ソヒョンからなる初のユニットグループ。グループ名はメンバーの名前の頭文字をとってTTSと命名。

 リーダー曲の‘Twinkle’は、ありそうでなかった70年代ファンクスタイルのナンバーで、作詞ソジウム、作曲はBrandon Fraiey/Jamelle Fraley/Javier Solisの共作だ。K-POP自体がすでに世界的進出を果たしており、こうやって欧米人から制作陣が起用されるのも納得がいくところ。

 発売当日のiTunesのアルバムチャートだが世界的に売れているのがわかる。きっと数年後はもっと加速するに違いない。


発売当日 iTunes各国アルバムチャート


アメリカ5位
カナダ5位
ベルギー38位
ブルガリア1位
チェコ10位
デンマーク48位
スペイン96位
フィンランド18位
フランスの39位
イタリア69位
オランダ40位
ノルウェー19位
ポーランド57位
ルーマニアの87位
スウェーデン7位
英国63位
オーストラリア4位
日本2位
ニュージーランド8位
ブラジル16位
アルゼンチン74位
ベネズエラ88位
メキシコ7位
ホンジュラス26位
 


 それにしても、ハングルのみで勝負して世界で受け入れられるとは、なんといさぎよいことか。サブカルとしてしか世界に人気がないJ-POPとはもはや雲泥の差だ。




 







サウンドの特徴
日本でいうところの1970年代のファンクスタイル。韓国では1970~80年代復古という表現がされており、スティーヴィーワンダーが引き合いに出されている。
ヴォイスの特徴
テヨンのパンチの効いた声質に、残りの2人が両脇から固めている感じ。うなり声といい低音から高音まで野太く歌い上げられるテヨンの声はまさにソウルにぴったりと言えるだろう。ティファニーは、音域に厚みはないが、突き抜けるような力強さを持っており、それは末っ子ソヒョンについてもいえる。少女時代のメンバーはヴォイストレーニングがしっかりできている人たちばかりなので、プロ意識をもった声の伸びが堪能できるのである。

DISCS 
 
 

`Twinkle` Mini Album [シングル/EP](12)
2012.04.29


 
少女時代 TTS(ティティソ) / `Twinkle` Mini Album [シングル/EP](12)
 
Tracks
Disc 1
1.
Twinkle  
3:27
2.
Baby Steps  
3:55
3.
OMG(Oh My God) 
3:24
4.
Library  
4:02
5.
さよなら (Good-bye, Hello) 안녕 
3:51
6.
初めてだったの (Love Sick)  처음이었죠
3:25
7.
チェックメイト(Checkmate) 체크메이트 
3:26

(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル