パールズデイ
 
DISCS







パールズデイ / 1集  ('06)  <JPN 7" PHILIPS FL-1205>

紅一点であるソンミンジョンというVo.を擁した“パールズデイ”。すでに2001年から弘大周辺のライヴハウスで前身バンド“Broken Pearl”として活動をスタート。2003年に現在のメンバーとなりようやく結成5年でメジャーデビューとなった。ほとんどの作詞作曲をソンミンジョンが手がける点や歌いまわしなど、どこかしらキムユナに通じるものがありポスト紫雨林の期待が高まるモダンロックバンドである。


メンバーの共通点は“お酒が飲めないこと”らしい。やはり韓国でも大学の街では、若い才能をもったロックやヒップホップ、アートのアーティストがアンダーグラウンドで毎夜のごとく磨きをかけているものだ。彼らの先輩で紅一点キムユナ率いる紫林雨も弘大周辺のライブハウスからスタートし97年衝撃的なデビューをかざった。彼女たちのおかげで、その後韓国内でも、ヘビメタ以外でモダンロックというジャンルが認知された。しかし、表現方法が豊かな民族性には私は『ロック』という取り決めが逆にサウンドの幅を狭くさせてる気がしてならない。特にメロディの起伏。大学生・若者を中心に人気のモダンロックも特に最近、どれもこれも欧米至上主義で単調かつサウンドが似ていて閉口する。彼女たちもその中に入り込んでいるが、それでも個性を出そうと一生懸命なのは聴いていて伝わってくるので、今後もっと良い作品を作ってくれるだろう。しかし、こういう音楽を聴くと頭の中には、最後いつも疑問が残る。“これって韓国じゃないと出来ない音楽?”と。しかし生でLIVEなんかするとこういうほうが盛り上がるんだろうな。



(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル