ナナ(Nan-A)
 
DISCS

『sweet soul』

ナナがfeatされたLeo kekoaのMV
NaNa(ナナ) / 1集 ('06)  <FTFCD-2012>

嫌がっている犬を手首でしっかりと固定させたジャケが印象的な、Nanaの1集。俳優兼HIP・HOPPERヤンドングンは1集リーダー曲“青春”2集“クリベンベン”においてイカした姉ちゃんをfeatさせていた。当時、私たちの目にも留まるほど個性のある歌手だったその女性“Nana”がリッサンなどのアルバムに参加した後、3年の時を経て、ようやくソロアルバムを完成させた。


彼女の6年間はヒップホップシーンとともにアンダーグラウンドで実力をつけてきただけに、そこいらのアイドルとは、一味違うノリと歌唱が持ち味。パクソンジュのボイストレーニングもあって、もともとの甘えた猫のように巻いた声もしっかり底から太く持ち上がっていて良い。中途半端なR&B歌手にHannaがいたが、それよりも数段良く、既存のR&B歌手yuriのサウンドをそのまま平行させて細い線の声をよりはっきりさせたという表現はいかがか?このNanaのレベルは、現在の韓国R&Bシーンの水準の高さをそのまま代弁できる1枚といえよう。リーダー曲は11曲目の“私に”。



ブックレット&裏ジャケット

CD

ヤンドングンにRAPPER
とともに参加していた時期
のNana嬢




(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル