mi:ne (ミーネ)
 
DISCS

『TEENAGE SUPERSTAR』





mi:ne(ミーネ) / 1集  ('06)  <DRMCD-2172>

チョミネ(19)が10代のカリスマである米国のアヴリル・ラヴィーンを連想させるロックスタイルでデビューアルバムを発表した。J−POPのDay After Tomorrow北野正人が10曲目で参加するなど、K−POPとJ−POPと洋楽の間をさま
よう名盤が誕生。


デビュー前インターネット上で中三の時のコスプレが話題となったミーネ。2003年にアメリカのテキサス州に移民し永住権まで申請していてしかもノースサウス州立大学にも入学したてだった彼女がすべてを捨ててなんとトランクひとつで韓国に帰ってきたという事実には驚かされる。まさしくティーンエイジスーパースターを夢見る少女そのものだ。前日まで悩んで飛行機の中で家族への手紙を泣きながら書いたという。彼女をアメリカまで尋ねて来たバンド・ノヴァソニックのベーシスト キムヨンソクと会社側の説得に負けたのだ。彼らの責任は重い。一生面倒みたまえ。でアルバムの内容だが1曲目イントロから2曲目と流れるUPなロックナンバーでほとんどの人が面を食らう。本人は米国の“ハイティーンドラマのエンディングみたいな感じ”と語る、その曲はスェーデン出身のエルゲン・リンギヴィストの手によるもの。続きの3曲目J−POP風なので、ここまでで聴くのを止めてしまいそうだが、実はアルバムで前半と後半で楽曲のタイプがはっきり分かれる。6曲目からメロディも起伏があるK−POPが出現しだすのだ。10曲目でまたJ−POPに戻るがそれ以外は文句のつけるところがない。近年稀に見るアイドル性のある女の子の企画アルバムとしては上出来ではないか。今年のNEWカマーとして名盤に入るだろう。最近では衛星ラジオ DMB メロンの 'チョンミネの人気歌謡' として活躍しMBCコメディードラマ 'レインボーロマンス'の第241話 '嬉しい! キムフィチョル' にアユミとともに出演した。韓国での成功を祈る。






ブックレット1


ブックレット2 & 裏ジャケ

CD







(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル