KisFive(キスファイヴ)
 
スポーツ界から活動の場を広げようとしたモデルたちの歌唱アルバム
DISCS


『First Kiss』



‘Show Time ’


貴重なステージ映像


KisFive(キスファイヴ) / 1集 ('04) <VIPCD-0604>


  K−1(異種格闘技)のラウンドガール出身のユイン(カン・ハナ)、ソロ活動準備中だったナウン(チュ・ミジョン)、元3人組SZのキム・ジョンア、SFAAなどモデル界で名をはせたヤン・ソンモハ・ウンソンからなる5人組。TV出演など地上波での活動チャンスにあまり恵まれず、活動曲‘Show time’も、m-net、kmtvのCSTV、韓国K−1がらみのソウル大会でのみステージで歌い・プロモーション用BGMに使われただけという、活動に留まった。
 全員が170センチを越える長身で、モデルとしてのキャリアもあるだけに、全員が揃った姿は圧巻。それを上手く生かした写真が掲載された卓上カレンダーをCDと合体させた事務所の力の入れようは素晴らしかったが、プロモーションが弱かったのか活動は地上波では見られず夢としてK−1がらみで日本にも進出したいと語っていたが、その後は個々の活動が忙しくなったのか、キスファイヴとしての活動はなく短命に終わる。
 もともとピンでも仕事がある彼女たちだけに、自然消滅後は、それぞれ本業のレースクィーンやモデル業で紙面を賑わせている。
キム・ジョンアはのちのアフタースクールに加入することとなる。(マネートゥデイ2009年 5月 16日(土)記事からの情報)







 さて、この1集は4曲入りでマキシのような代物、タイトルの
‘show time’はクラシック音楽をサンプリングしたダンスナンバーで、ラインとしてはHeart、IVYに近い洗練された作品。
 この時代、ガールズグループ氷河期だったので、現在デビューしていれば違った結果が得られたかもしれないがそれが時の流れというものか。
 頬をかすった、初夏のそよ風のように心地よいガールズグループであった。








(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル