キーズピアノ
 
内容: 歌の下手さ:★★★ ナルシスト:★★★
DISCS



『WITH PD ONE GOD』



BYE BYE LOVE”

Key’s Piano / 1集 ('06)  <EKLD 0694>

ピアノが上手い。難度が高く難しいリムスキー=コルサコフの“熊蜂の飛行”を20代前半の赤いワンピースの女性が軽やかに弾いている!とその動画が一時インターネットで流れ話題になった、その張本人が彼女であった。Key’s Piano(本名クァクユニ)。大学でピアノを専攻している。デビューにあたってボーカルトレーニングを受け、10曲中8曲を作詞作曲してシンガーソングライターの資質も備えている。最初はトミーフェブラリーかアンジェラ・アキに影響されたJ−POP寄りの歌手かと思ったが、そうではなかった。JAZZピアニスト、キムグァンミンからレッスンを受けていたというが、しかし、ただピアノが得意だからといってそれが優良なK−POPと結びつくはずはなく、収録しているすべての音が薄く、英語も盛り込んでいるが変な場所でクラシックのピアノソロがあったりと、やっつけ仕事あるいはインディーの香りがしてならない。方向性の見つからないK−POPだ。声も中途半端。ただピアノは上手い。





CD

(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル