imp(インプ)
 
ジャケに惑わされないで。かなりダークなR&B集。
DISCS


『start change!』


‘Y’


プロモーション盤のジャケット

imp(インプ) / 1集 ('00)  <PS-2000>


  「キャッ!」そんな言葉が聞こえてきそうな、じゃれ合いジャケ。PAN’Sプロダクションからデビューした、キョンヘキョンウォンボペの3人からなる『imp』の1stアルバムである。しかし、ジャケに惑わされて購入した方は少々面を食らうであろう。なぜなら、実は元気溌剌なアイドル歌謡ではなく、なかなか本格的なR&Bを聴かせるグループだからで。中でも2曲目‘Y’は今聴いてもカッコイイK−POP名曲。その他、ブラウンアイズを結成する前の『TEAM』にいたユンゴンが8・10曲目を作曲、4曲目ではアレンジとプログラミングを担当している。当時でいうところのギャングスターラップ的なバックトラックがなかなか他のグループにない味で良い。ダークなR&BからRAPが絡み合う3曲目‘私はあなたを愛してる’Sean2の地を這うようなRAPが聴ける4曲目‘Luvuff’舐めるようなエレピで始まり、ビッチRAPが絡み合う5曲目‘style’や不気味なコーラスで幕を開ける7曲目‘あなたの選択’など新人歌手らしくない。ラストナンバー11曲目‘Say Say’でようやく元気なアイドル的ナンバーに出会える。当時のTV活動の映像が未だ発見できずなのでかなりプロモーションが限られていた事が推測でき、もちろんヒットもせずに消えていった。FOXやO−24、RINタイプの歌手が好きな人にオススメしたい。裏情報でボペが後のコブギの女性ラッパーZE(イムジフィ)だと聞いたが本当か。
 CDはプロモと通常盤でジャケとCDのデザインが異なっていて、マニア心をくすぐるコレクターアイテムとなっている。グループ名のロゴも、最終的に可愛いフォントに変わっている点も見逃せない。



 


↓プロモ盤のブックレットとCDデザイン 裏ジャケ下部にNOT FOR SALE の文字が確認できる。


(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル