FEVER(フィーヴァー)
 
『猟奇ポップ』と『ダンス歌謡』の間をさまよったB級アイドル
DISCS


『Vol.1 熱哥』


動画
“さようなら、さようなら(チャルガ・チャルガ)”

動画提供:54mphさん
FEVER(フィーヴァー) / 1集 ('02)   <SRCD-3646>

ヤン・ヨンジョン、パク・ヘジン、イ・ジヘ、キム・ジヨン、パク・ヒョンジュ、イム・ギョンへからなる超マイナーな女性6人組。02年韓日共同開催ワールドカップの最中、ソウル市内あちらこちらで開催されている街頭ビジョンでの応援イベント特設会場に出没した。メンバーの売りは今までの女性グループの中で最多人数(その後i-13によって記録は破られる)であること、メンバーがバックダンサーとしての役目を果たせること、リーダーが1人ではなく全メンバーがリーダー格であること、顔には力を入れず、髪型と衣装で勝負するところだそう。確かに全体の美人レベルは低い。最初、SBS人気歌謡に登場した時はお笑いタレントの企画モノかと思ってしまった。タイトル曲は1曲目“さようなら、さようなら(チャルガ・チャルガ)”でトロット歌謡にRAPやヴェンチャーズの『パイプライン』をサンプリングしたりと遊び心に富んだナンバー。スタイルでいえばJADUやチャン・ユンジョン、LPGに近い。続く2曲目も同タイプ。3、6曲目はR&Bバラード、4、7、10曲目はベビボタイプ、5曲目はPOPS、8、9曲目はラテンナンバーと実にジャンルの幅は広いのだが、音圧が薄くしょぼく聴こえてしまうことが残念でならない。ウォン・ジョンスがほとんどの楽曲を担当しプロデュースもこなしている。V−netエンタという弱小事務所だけにこれ以上は望めないのだろう。一瞬で消えていったB級アイドル以外の何者でもない。





※このアーティストに対する追加情報をお持ちの方、
誤情報の訂正を希望する方は、
正しい情報を記入の上までお気軽にメール下さい。



ブックレット

(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル