COC(クラブ・オブ・ザ・チアリーダーズ)
 
君は8cmシングルの応援団
DISCS


『Jump For The Dream』

<
行って”
動画提供 54mphさん




こんな感じで巡業してたのか
COC(クラブ・オブ・ザ・チアリーダーズ) / 1st single ('01)   CKC-0155

 COCはO2(オートゥー)、チョコ、チェリーの3人組。同年デビューしたローティーンアイドルCOCと名前・デビュー年・月が全く被る。あっちは『Creater Of Crage』の略でこっちは『Cheerleaders of Charm(魅力の応援)、Club of the Cheerleaders』2つの意味を略している。名前の由来からも分かる通り、身長170cmを超える彼女たちは3人ともチアリーダー出身。『Jump For The Dream』と名づけられた5曲入りミニアルバムはなんとソフトが12cmのマキシCDではなく『8cmシングル』という変り種。当時の日本ならばいざ知らず韓国ではncdという違う媒体以外は8cmシングルはめちゃくちゃ珍しい。90年代日本で一斉風靡したB-Gram RECORDS所属アーティストのジャケを模写したデザイン然り関係者にJ−POPファンがいたと推測される。1曲目‘近づいて’はサブタイトルがスペイン語のラテンテイストのナンバーで応援どころか誘惑してますよという歌詞でいきなり場違いな内容。

 これでチアダンスしながらバスケットボールや野球の球場で巡業していたと聞けばなんともB級な空間が想像でき、笑える。続く‘ガラスの城’は正統派ダンス歌謡でいきなり耳をつんざくチープなシンセサイザーから始まり高音きつめのバックトラックが全体を支配する、まるで金持ちの社長が自己満足のために自分の歌を吹き込んだ時のようないい加減なサウンド。3曲目‘行って(カ)’も同タイプで5曲目に別バージョンが収録されているリーダー曲。MVも存在する。4曲目‘Crystal’はミディアムバラードでしっとり歌い上げているがいかんせんバックサウンドが大きすぎ、声がエコーの中に沈んでしまっている点が残念だ。前述の通り同時デビューした‘COC’と名前が同じになってしまったのが早くから判明したのかこちらの歌手のTV出演はなく活動を短期で終えている。




CD&裏ジャケ
おまけでついているしおり

(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル