Chocolat(ショコラ)

쇼콜라

  
PROFILE



ミン・ソア 민소아 1989.6.10 (Min Soa)
ジェユン 제윤 1991.5.15 脱退 (Jae-Yoon)
ジュリエン 줄리앤 1993.12.12 (Juliane)
ティア 티아 1997.3.15 (Tia)
メラニ 멜라니 1997.5.5 (Melanie)

 混沌とした2011年新人ガールズグループ大量デビューのなか、メンバー全員の美貌やスタイルがことのほかレベルが高いChocolat。これが日本でデビューしてたらいち早くブレイクしていると思う。それはなぜかというと、メンバーのなかティアメラニジュリエンの3人が米国人の父親、韓国人の母親を持つハーフで、残りのジェユンミン・ソアは生粋の韓国人(ソアは5年間オーストラリアに住んでいた)。現在でこそ、日本においてアナウンサーやタレント・モデル業界でハーフであることが強みとなって需要が増えたが、韓国ではまだまだ混血人と紹介され、日本ほど偏見なしでその個人の価値まで到達していないのが残念。
 メンバーの結成は、まず
ジェユン(20)が親に反対されながらも歌手になる夢を捨てきれず大学入学とともにオーデションを受け合格、続くハワイにも居住経験のある歌とチアリーディングが特技なメラニー(14)とカルフォルニア生まれのティア(14)は、母親同士が30年以上の親友でティアがオーデション合格後、メラニーを誘った。リーダーのミン・ソア(22)はオーストラリアのブリスベンの大学に留学中、現事務所の代表に絶賛され、研究生としてスカウト合流、韓国生まれで6歳のとき米国テキサス州に住んだ経験のある、歌うこととタンブリンが得意なジュリエン(17)は、メラニーのお母さんの紹介でオーデションを知る。つまり、メラニーティアジュリエンは知人の縁ということですでに結束ができることがグループのまとまりに優位に働いている。
 チョコレートのように多様な姿を見せるという意味をもたせてフランス語の『
Chocolat』と名づけたショコラは、毎日12時間以上練習、睡眠平均2,3時間という厳しいトレーニングを経て2011年8月‘シンドローム’でようやくデビュー。私の2011年ベスト10にも選曲させてもらったこの歌は、中毒性のあるリフレインが印象的で作曲は米国の作曲家DWB(Paul Drew, Greig Watts, Pete Barringer)、作詞はカン・ウンギョン。個人的にはかなり気に入ったのだがヒットせず、続く同年12月、The First Mini Albumからタイトル曲‘I Like It’を発表。この時期には、ジェユンが抜け4人体制となった。
 メンバーが少なくなったのは非常に残念だが、個人的にはAPINKと並び推したいグループだ。ただ韓国では混血人としての偏見の域を出るのは相当厳しいと見ている。


 





DISCS 
 
 

The First Mini Album [シングル/EP](11)
2011.12.15


 
ショコラ(CHOCOLAT)) / The First Mini Album [シングル/EP](11)
 
Tracks
Disc 1
1.
I Like It
3:19
2.
一日だけ 하루만 더
3:24
3.
いやいや 싫어 싫어
3:16
4.
君だけを見て君だけを描く 너만을 보고 너만을 그리는
3:58
5.
I Like It (English Ver.)
3:19
 

ショコラ First Single Album [シングル/EP](11)
2011.08.17


 
ショコラ(CHOCOLAT)) / First Single Album [シングル/EP](11)
 
Tracks
Disc 1
1.
シンドローム 신드롬  
3:31

(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル