K-POP GIRLS DISC FAN
 
DISCS




“愛を呼ぶ”


“愛を呼ぶ”MV

チャンナラ / 5集  ('07)  <51442-0276-2>
韓流スターとして、中国で絶大な人気を誇るチャンナラの2年振りとなる通産5作目のアルバム。どうやら殺人的スケジュールが続いているらしく、このアルバムも中国でメイン活動する彼女が、合間をぬって韓国に戻り限られた滞在で完成させた力作といえる。今回、コーラスもチャンナラ本人が担当したり、タイトル曲『愛を呼ぶ』の録音に10時間以上を要したりと、常に妥協を許さない彼女の進歩しようとする真剣さが感じられる楽曲が勢揃い。完全独自のバックバンドを作り、生音に近い状態で打ち出した3集から、それを1歩進化させオーケストレイションの導入も録音技術の進化により、輪郭をはっきりとなりボーカルとの相性も抜群だった4集。立て続けに一ミュージシャンとして優れた作品を発表していた彼女だけに、5集に期待も高かった訳だ。

花屋で小さい鉢が並んでいるのを眺めニコっとする彼女が印象的なジャケ。もう少女の微笑ではなく大人の女性の笑顔だ。作品もそんなチャンナラ26歳の等身大女性が歌う、同世代に向けてのラヴソングが多い。特筆すべきは声。録音にもこだわったのかこころに染み渡るような透明感のある声に輝きが増している。聴くものを魅了するその声はk-pop界でも随一の表現力だ。アルバムトータル通しても安心して聴ける良盤としておすすめできる。彼女、4集よりは今回のほうがTV活動を活発にしてくれて嬉しい限りだが、すでにタイムリミットが2ヶ月間。すぐに中国へと戻ってしまう。今年は韓国で2つの映画出演が決まっているというから、もうすこしチャンナラと会える機会が増えそうだ。


●中国でのチャンナラ
彼女は4集発売直後から完全に中国へ活動の場を移し、2枚の歌手アルバムそしてドラマが“グッドモーニング上海”をあわせて3作品のいずれも大ヒット。中国 5大ポータルサイトが調査した歌手人気順位で彼女は中国国内有名歌手たちを押しのけて2000万人のインターネット利用者から最高のトップ歌手に選出された。





チャンナラ / 4集  ('04) 
中国で大人気の彼女が活動拠点を中国へ移す前に録音された入魂の一作。3枚目で始まった生音への回帰(バックバンドをつける徹底振り)が4枚目ではさらに円熟に入り、ストリングスの導入も耳障りなくシンプルでクォリティの高いものに仕上がっている。まず、その音の良さに驚き、次に彼女の声の表現力に驚くはず。


(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル