ダビチ(DAVICHI)
 
唸るK−POPからとなりのお姉さんへ 
DISCS


『VIVID SUMMER EDITION』


愛と戦争”


イメチェンしたダビチ


MVの話題が先行した1集


“憎くても愛してるから”
ダビチ / 1.5集 ('08)   CMAC-8152

『オルチャン(美男美女を紹介するインターネットサイト)』ですでに話題になっていたカン・ミンギョン(18)と大学でクラシックピアノを専攻していたイ・ヘリ(23)が3年間のトレーニングを経て結成した2人組。グループ名『DAVICHI』には“歌で世の中をすべて照らす”という願いが込められている。08年デビュー当初、本人たちは姿を現さずイ・ヒョリと女優のイ・ミヨンが出演した映画風(ロードムービー)MV“憎くても愛してるから”の話題が先行した。この歌は作詞・曲、編曲をVIBEのリュ・ジェヒョンが担当しており、SGウォナビー、SEE−YAタイプの唸るK−POP。デビュー曲はダウンロードサイトでも上位を獲得する幸運なスタートとなりサイワールドデジタルミュージックアワードの2月の月間新人賞に輝き、同月『ユン・ドヒョンのラブレター』にてTV出演も果たした。同時に発売された1集『AMARANTH』ジャケ・ブックレットにも前述のイ・ヒョリらが出演したMVのシーンを再使用、当の本人たちは一切登場せず少々残念。

デビューアルバムの内容はタイトル曲と同タイプのバラードが大半をしめバラード歌手の作品と位置づけられていたが、同年7月早くもイメージがガラリと変わるアップテンポで夏向きな新曲“愛と戦争”でカムバックする。そこにはしっとりという雰囲気はなく、ホットパンツに韓国のいまどきのお嬢さん的髪型で「二度と浮気しないでね」とヒリヒリする歌詞に陽気なメロディを交え大ヒット、08年夏一番のホットナンバーとなりSBS人気歌謡などで新人では稀に見る1位を記録、いちやく時の人となった。

そんな“愛と戦争”を収録した1集リパッケージの1.5集は同じく7月発売、他に秋に似合うバラードの新曲“水差し”も織り込
み、ようやく彼女ら本人の顔ジャケが採用されている。そんな順風満帆なダビチ、11月にm−netで行われた一足早い年末歌謡祭『2008 MKMF』 で女性デュオでは久々の新人賞を獲得した。



カン・ミンギョンが中学生の時『オル・チャン』にUPされた画像



(C)Copyright 『K-POP GIRLS DISC FAN』 1999~
レビュー、資料等の無断転載を固く禁じます。


track feed Kポップ 韓国女性アイドル